スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京国立近代美術館

こんにちは。

先日の日曜日(5/4)に「東京国立近代美術館」に行ってきましたのでご紹介します。
こちらは「ぐるっとパス」で行ける施設です。


東京国立近代美術館
 ■開館時間:10:00~17:00(最終入館は16:30)
 ■休館日 :基本、毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌営業日)。臨時で休館することもあります。
 ■最寄駅 :東京メトロ東西線竹橋駅1b出口徒歩3分
 ■アクセス:<こちら
 ■観覧料 :一般430円。ぐるっパスの場合、無料。
 ■その他 :駐車場なし。近くに有料駐車場はあり。

東京国立近代美術館

こちらの「東京国立近代美術館」は、日本で最初の国立美術館です。

常設展示室と企画展示室があり、常設展示室は2F~4F、企画展示室は1Fとなります。

今回はぐるっとパスを利用しようと思いましたが、どうやらこの期間(?)は常設展示室は無料で展示されていました。

年に何回かこのような無料となる日がありますので、当美術館のHPのカレンダーで確認した方が良いです。

さて、写真撮影の方ですが、基本撮影は撮影禁止となっていなければ写真(※)はOKです。
※フラッシュ撮影は禁止

でも・・・やはり規制はあって、営利目的には使えません。

この営利目的と言うのが、どうもSNSも含むようなので、当然、このブログでも禁止となります。
※と言う事で、今回も写真はありません。


今回は、常設展示室のみ見学しました。

まずは一気に4Fから行って3F→2Fと行くのが良いですね。
※階段で降りる方が楽ですので・・・

4Fに行くと、解説している人(館内の人だと思う)がいましたが、途中であったのと、かなり詳しく説明していたようなので、恐らくこのペースでは2時間以上はかかるだろうと思い、解説を聞くのを断念しました。


さて、こちらの美術館は、

日本画、洋画、版画、水彩・素描、写真など美術の各分野にわたる12,000点(うち重要文化財13点、寄託作品1点を含む)を越える充実した所蔵作品から、会期ごとに約200点をセレクトし、20世紀初頭から今日に至る約100年間の日本の近代美術のながれを海外作品も交えてご紹介する、国内最大規模のコレクション展示



と言う事です。

中は広いのですが、展示品はそれほど多くないため、サクサクと見学していました。

ちなみに4Fの一角に「お濠を臨む休憩コーナー」があります。
東京国立近代美術館3

東京国立近代美術館2

こちらの休憩コーナーでは飲食は出来ないため、単純に眺めるだけの一室となっています。


他の展示の様子ですが、印象に残っていたのは金閣寺が燃えている絵ですかね。

後は、戦時中に制作されたアニメーション「動物となり組」です。

「動物となり組」は今回初めて見ましたが、こちらに使われている曲が「隣組」と言う事で、懐かしさを感じました。

まあ、懐かしさと言うのは「ドリフ大爆笑のテーマ」なんですがね。

映像が見れる個所も3か所くらいありましたので、座ってゆっくりと見たかったのですが、流石に無料の日のせいか、人が多く、座る場所がほとんどありませんでした。

※立ち見でも良かったのですが、そんなに興味がある内容では無かったので・・・




さて、行ってきた感想ですが、無料なら行って損は無いです。

お金を払ってまで行くかどうかは・・・正直な所「あなた次第!」ですね。

※投げやりですいません。

美術とかは感性の世界だと思いますので、お勧めできるかどうかは本当にあなた次第だと思います。

値段が手ごろですので、余り興味が無い人でも何かのついでに寄ってみては如何でしょうか?

※ちなみに、この近くにはついでに行ける施設が4つ程あります。


以上です。

スポンサーサイト

テーマ : 地域情報
ジャンル : 地域情報

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2アフィリエイト
旅ポケドットコム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。