スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武蔵野市立吉祥寺美術館

こんにちは。

「三鷹市美術ギャラリー」、「三鷹市山本有三記念館」に行ってきたついでに「武蔵野市立吉祥寺美術館」にも行ってきました。
こちらも「ぐるっとパス」で行ける施設です。

武蔵野市立吉祥寺美術館
 ■開館時間:10:00~19:30
 ■休館日 :毎月最終水曜日。年末年始(12月29日~1月3日)
 ■最寄駅 :JR吉祥寺駅中央口(北口)から徒歩約3分。コピス吉祥寺A館7階
 ■アクセス:<こちら
 ■入館料 :100円。小学生以下・65歳以上・障害者は無料)。ぐるっパスの場合、無料。
 ■その他 :撮影禁止。駐車場なし。

武蔵野市立吉祥寺美術館

こちらの美術館はコピス吉祥寺A館7階にあります。

ぐるっとパスで、通常の展示以外にも企画展示も見ることができます。
例に漏れず、こちらでも写真はNGですので、入口の看板の写真のみです。

通常展示の方は、「浜口陽三」の作品が展示されていました。
初期のモノクロームからカラーメゾ チントに至る銅版画作品やその原版、道具類もあわせて展示されています。

初めてみましたが、本当に独特な作品です。

企画展の方は、「川上澄生 愉しきノスタルジア 鹿沼市立川上澄生美術館所蔵」が展示されていました。

殆どが版画の作品でした。



さて、行ってきた感想です、まあ、入館料を考えると暇つぶしには丁度良いかもしれません。
全部で30分くらいは見ました。

ミュージアムショップもありましたので、気に入った物があれば買うのも良いかもしれませんね~

以上です。


スポンサーサイト

テーマ : 地域情報
ジャンル : 地域情報

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2アフィリエイト
旅ポケドットコム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。