FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご当地グルメ 静岡県 沼津のひもの

こんにちは。

本日は、沼津の特産品「沼津のひもの」のご紹介です。

沼津のひもの

「沼津のひもの」、特に「鯵のひもの」は、生産量が日本一となっています。

※鯵の漁獲量日本一は、長崎県です。

ひもの生産量ってところがミソなんですが、鯵は全国から沼津に集まっており、最近は外国からも沼津に集まっているそうです。

さて、何故、全国から鯵が集まるかと言うと、

「加工技術が優れているため」

だからです。

沼津のひものの歴史は、江戸末期から明治初期が始まりで、大正の初めごろまでは、漁師が売れ残った魚を自宅用に「ひらき」にしたと言われています。
保存食品として販売されるようになったのは、大正6~7年ごろになります。

上記以外にも素材を乾燥させるための「風」や気候(湿度や温度)が適している場所と言うのもあります。

とまあ「沼津のひもの」は、継承された技術や改善研究、また、ひもの生産する上での立地条件が良かったため、日本一の生産量となりました。


さて、沼津のひものですが、かなり昔に何度か食べた事があります。

昔の事で正確には覚えていないので申し訳ありませんが、ふっくらとして肉厚がしっかりとして、食べ応えが良かったのを覚えています。
ごはんをお変わりするぐらい、美味しかったです。

沼津のひもの2
 沼津「奧和」のひもの詰合せ7種(18枚) 

 あじ、さんま、かます、金目鯛、えぼ鯛、ほっけ、さば


 ★無添加、国内産、伝統の技、三拍子そろった美味しい干物
 ★富士山の伏流水と沖縄の真塩だけで素材をいかした薄味仕立て
 ★手軽に焼くだけの簡単調理

 よく吟味された国内産の魚だけを使用。
 富士山からの湧水と、沖縄の真塩で造り上げた無添加のこだわりの干物詰め合わせです!


普通に焼いて食べる以外にも
 ・焼いて身をほぐして→チャーハン、ちらし寿司、酢の物、サラダに
 ・揚げて→そのままで、南蛮漬け、野菜あんをのせて
 ・生のまま身をほぐして→炊き込みご飯、ジャガイモとかき揚げに
などの食材にも利用できるそうです。

また、食べたくなりました^^


以上です。


スポンサーサイト

テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2アフィリエイト
旅ポケドットコム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。