スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お勧めの漫画のご紹介 - 【人類ネコ科】

本日、お勧めする漫画は、「人類ネコ科」です!

人類ネコ科

■人類ネコ科
 ■著 者:みず谷なおき
 ■出版社:小学館
 ■巻 数:全2巻(4-6判)

~あらすじ~
女ばかりのアパート「南山荘」に住む北斗は、いたって普通の男子高校生。

ただ、アパート内を下着姿で歩き回ったり、酒に酔っ払って真夜中帰ってきたりと、やりたい放題の同居人たちと生活することで、極度の女嫌いになってしまっていた。

そんな北斗のもとに、2月14日のバレンタインデーにある女の子からチョコレートが届いた。

その送り主はなんと、北斗の通う高校のアイドルと呼ばれている谷山舞奈であった!! 

そして、女嫌い・北斗の受難の日々(!?)が始まった…


~感想~
定番の学園ラブコメディーものですが、私が一番の思い出のある漫画です!

当時(学生)、友人から面白い!と言われたので買ってみたら本当に面白かった漫画で、今でもその本が残っています。
※もう約30年近く前なので、本がかなり傷んでます^^

さて、こんな面白い漫画だったので、当然ながら私も他の友人に読ませました(布教活動)!

最初は猫の漫画と思われ、嫌がっていた人もいましたが、最初の数話だけでも読でみたら?と読ませたところ、最初は文句言っていましたが、最後の方は黙々と読み続けていました。

そして一気に読み終えた後、ほとんどの友人達が最後に溜息を吐いていました。

私は、その溜息を聞いた時、ニヤリとしましたよ~

だって、この溜息は、間違いなく感動による溜息ですからね!


さて、この漫画は私がオタクへの道へと誘った元凶ですが、もっと他の漫画も読みたい!と思う所はあります。
でも、残念ながら作者の「みず谷なおき」先生はお亡くなられてしまい、それを叶う事が出来ません。

一応、何点か漫画も出されていますが、途中で終わってしまった漫画もあるため、本当に残念で仕方がありません!
※私が読んだことのある漫画は以下の通りです。
 ■ブラッディエンジェルズ (全2巻)
 ■Hello!あんくる (1巻:未完)
 ■バーバリアンズ (2巻:未完)
  ※↑特にこの続きが読みたかったです!

人類ネコ科は勿論、上記の漫画も面白かったので、買って損は無いです!









以上です。
スポンサーサイト

テーマ : マンガ・ゲームの話
ジャンル : サブカル

お勧めの漫画のご紹介 - 【ももえん】

本日、お勧めする漫画は、ももえんです!

ももえん


■ちびとぼく
 ■著 者:一智啓
 ■出版社:芳文社
 ■巻 数:全1巻

~あらすじ~
志望校に落ちた野沢由貴 (♂)は、二次募集していたのが私立百合ヶ丘女学院で、女子だけだったという状況。

しかも今年から共学になったハズなのに、 制服は女子のみ。

そのため、女装して通うハメになるが、 その美少女っぷりでまるで気づかれず。

しかも境遇を面白がって一緒に通うことにした、小学校からの旧友(♂)桜井蓮は、輪を掛けて美少女。

そんな状況から始まる学園4コマ漫画です。

~感想~
1巻しかないので、つまらくて打ち切りで終わったと思われそうな気がしますが、この漫画・・・面白いです。

ストーリー的にもまだまだ続けられそうな感じでしたが、打ち切りになってしまったのが残念です。

女装して女子高に通わなければならない設定は、かなり面白いです。

さて、入学した男子は3人おり、もう一人は「南 真」がいます。

このキャラもがかなり強烈で、明らかに男性と分かるのだが何故かバレないし、また、骨格が変わると言うキャラクターです。
※このキャラが一番のお気に入りですね~

他のキャラも面白いキャラが多いので、見てて楽しいですが、少し物足りなさはあります。
※もっとぶっ飛んだキャラにしても良いとは思いました。

個人的に一番印象が残っているシーンは、「・・・まさか長い人生の中で、パンチラを気にする日が来るとはなぁ・・・。」ですww

まあ、お勧めしているくらいですので、購入しても損はない一冊です!
※一冊持っていますが売る気はないです。たまに読みたくなるので^^









以上です。

テーマ : マンガ・ゲームの話
ジャンル : サブカル

お勧めの漫画のご紹介 - 【えむの王国】

本日お勧めする漫画は「えむの王国」です。

えむの王国

■えむの王国
 ■著 者:中平 凱
 ■出版社:芳文社
 ■巻 数:全3巻

~あらすじ~
カスティーナ王国はえむの王国と呼ばれる程、ほとんどの国民がマゾ!
そんな王国の中で、ノーマルである王女シャルロットを中心とし、特殊な嗜好をもつキャラクターとの日常を描く4コマ漫画です。

~感想~
タイトルどおり、えむだらけの漫画と思いきや、えすやユリ、バラなどの王国もあります。

内容はギャグ漫画なんですが、一応ストーリーがあります。
※ストーリーがあるため、3巻で終わってしまった感じがします。

下ネタも多いですが、強烈で魅力的なキャラクターが多いせいか、ほとんど下ネタを感じさせません。

ノーマル属性が、「マゾ相手に殴ったら負けよね」というセリフが、いまだに心に残っています。

それと、どんなひどい目や苦しみにあってもそれを、喜びに変えてしまう属性「えむ」とは、ある意味最強の国民の気がします。

世界観が独特なので、アニメ化したら面白そうな作品になりそうです。
※と言うかしてほしい作品ですね~









以上です。


テーマ : マンガ・ゲームの話
ジャンル : サブカル

お勧めの漫画のご紹介 - 【ちびとぼく】

本日、お勧めする漫画は、ちびとぼくです!

ちびとぼく


■ちびとぼく
 ■著 者:私屋 カヲル
 ■出版社:竹書房
 ■巻 数:全10巻


~あらすじ~
桃井家のネコ・ちびとそのちびを溺愛する飼い主の高校生・桃井ケンヂのネコ中心生活を描く4コマ漫画。


~感想~
白い体に公家眉が特徴の猫が「ちび」で、その飼い主である高校生が「ぼく」です。

「親ばか」ならぬ「猫ばか」なストーリーで、猫を飼った事のある人なら、共感できる内容です。

ケンヂの同級生である「さとみ」はケンヂの事が好きだが、ケンヂは猫にしか興味が無く、アピールしても空回りすると言う所が、個人的に好きな展開です。

他には、盆栽ジジイや、ネコランドの擬人化したキャラも好きな内容です。

基本、ギャグ漫画なんでしょうが、猫好きな人は和んで読める一冊です。

感想を書いているうちに、また、読みたくなりましたね~

ちなみに、私屋 カヲル先生の別の作品で有名なのは、アニメ化にもなった「こどものじかん」ですが、この「ちびとぼく」もアニメ化になってほしいで作品です。









以上です。


テーマ : マンガ・ゲームの話
ジャンル : サブカル

お勧めの漫画のご紹介 - 【おざなりダンジョン】

本日、お勧めする漫画は、おざなりダンジョンです!

おざなりダンジョン


■おざなりダンジョン
 ■著 者:こやま基夫
 ■出版社:学習研究社/ジャイブ
 ■巻 数:全17巻


~あらすじ~
戦士・モカ、盗賊・ブルマン、魔法使い・キリマンの最強(?)パーティーは、理力の塔の“白のマスター”からの依頼で、邪悪な魔導師“黒のマスター”に奪われた塔と、人質となった“奥さん”を取り戻すことに――。 

剣と魔法の世界・ゴンドワナ大陸を舞台に、モカ、ブルマン、キリマンの3人が縦横無尽に大活躍!!


~感想~
1989年ごろと言うと、ドラクエなどロールプレイングゲームが流行っていた時代ですが、その影響を受けた漫画と言って良いでしょう!

ちなみに主人公とパーティーの名前から分かるとおり、コーヒー豆の名前から来ています。

当たり前ですが、今では流石に古くさい作品ではありますが、典型的なファンタジー世界の冒険活劇で、王道から外れていないので、今でも結構、面白いです!

主人公のモカは、(一応)女の子なんですが、それを感じさせない性格が好感が持てます。

個人的には、魔法使いのキリマンのキャラが、一番気にっています!
※基本、ギャグ要員なのですが、いざとなると頼りになるところが好きです。

キリマンは本来一切しゃべらない設定なのですが、一番最初のシリーズの1巻では「こっち」と発言しているシーンがあります。
※それ以外は一切しゃべっていないはずです・・・(自信無し)

ちなみにアニメ化(OVA)されており、キリマンの声優は、なんと、作者の「こやま基夫先生」です。
まあ、何もしゃべっていないから先生でも問題は無いのですが^^

巻数が多いので古本屋に売ってしまいましたが、もう一度、一気に読みたい本ではあります!


~補足~
おざなりダンジョンは、1989年~1997年まで発行された漫画です。

この漫画は、多くのシリーズがあり、主なシリーズは以下の通りです。
 ■なりゆきダンジョン全3巻
 ■なおざりダンジョン 全8巻
 ■おざなりダンジョンTACTICS 全6巻

ストーリーの内容から言って、まだまだ新しいシリーズも出そうな感じですが、今の所、新しいシリーズの情報はありません。










以上です。


テーマ : マンガ・ゲームの話
ジャンル : サブカル

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2アフィリエイト
旅ポケドットコム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。